アシスト未来の特徴<英語力養成コース>

01Grammer,Reading,Listeningをしっかりマスター!

当校の英語学習の基礎は、導入段階では、高校受験用の参考書でしっかり、文法力、単語力、リスニング力を養成します。
英会話教室、英語教室に通塾しているのに、英語の成績が悪い生徒が非常に多く見受けられます。英語を話すために文法は必要ない!
そんな意見が世の中の多数を占めておりますが、当校は、しっかり、受験参考書ができるようになるまで、基礎訓練を反復します。
結果、英作文もスラスラ書けるようになると同時に、スピーキング力も格段に上昇します。
概ね、中学3年間の英語カレキュラムは、小学3・4年生の学力があれば、1年弱で修了できる内容と当校では考えております。
中学課程の参考書がスラスラできるようになれば、中学入学後も英語で高得点を楽に取ることができますし、かなりの日常会話ができるようになります。

02小学6年で英検2級、中学2年で準1級が目標!


当校では、学力に応じて、英検等の受検を推奨しております。
小学6年生で英検2級、中学2年で準1級の目標設定です。
中学3年生以降は、受験の模試や高校受験の対策が大切であることから、中学2年生での準1級挑戦を大きな目標として学習を進めていきます。

03リスニング力をしっかり強化!

英語はまず、しっかり聴ける、そして発音できることが英語力向上の最初の一歩です。
当校では、mp3player(1万円前後)を生徒自身に購入してもらい英語のリスニング力にとって必要なリスニング時間1,000時間を早期に達成 できるよう課題を出しております。

04音読もしっかり強化!

英語力成長には、音読が不可欠です。
リスニングした文章をしっかり、読めるようになるまで確認します。インプットとアウトプットをしっかりやることで、英語のリズムに慣れると同時にスピーキングにとって重要な音読もしっかりマスターしていきます。

05徹底した多読で上位英検、難関大学の受験に対応できる!

英語の重要性は今後も大きくなっていくことが予測されますが、当校では、一流大学にいくことが、まず、最重要と考えております。
日常会話レベルの英語 力は社会人になってからでも十分間に合いますし、そのために、低学年から英語をする必要性はないと考えております。
仕事や業務で英語を必要とするレベルの業務につくには、それなりの大学や進路選択をする必要があります。
また、英語力はあるのに、基礎学力が全くない英語マニアも世の中には数多くおりますが、社会的に無用であることが皆さんがご存知の通りです。
英語はあくまでツールでしかありません。
”しっかりとした基礎学力、日本語の読解力、文章力があって初めて英語が生きる”、”一流大学に行くことで英語が生きる!”これが社会の現実だと考えております。

当校では、こうした現実を踏まえて、基礎学力がついたら、英語力、論理力向上も含めて、上位英検教材、センター試験、難関大学の英語入試問題等の長い文章読解もできるような学習を進めて行きます。

06ほぼ365日、8:30~22:30まで自習室で勉強できます。

当校は、教室をほぼ365日開校しており、自由に自習室を使用することが可能です。
オート・ロックシステムと複数の防犯カメラを設置しており、冷暖房、ドリンク類も充実!学力向上にとって一番大切な自習時間をしっかり確保することが可能です。
通塾しているけど、”家では勉強できない”、”はかどらな い”、そんなお悩みを一挙に解消できます。

07自習時間も東大生に質問可能!しかも、全教科、学校の宿題でも質問可能!

自習で理解できない部分が出てくることも多々あります。そうしたときは、生東大生・東大OB等が直に質問に答えてくれます。
当校は双方向質問塾というシステムを導入しており、東大前の教室とwebでつながっており、自習時間で教師がいないときでも、自由に質問ができます。
だから、立ち止まらない学習が可能です!
学校の宿題や自習で使用しているテキストの不明点でも、しっかり質問することが可能です。